06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
< >

This Category : 妊婦生活

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | edit | top

2011.02.16 *Wed*

 頑固な逆子ちゃん

いよいよ臨月に突入。
そしてここで問題発生、、、、。

逆子です(><)
臨月までには直るだろうと、逆子体操などをしつつのんびり考えていたんだけど、直る可能性が低いことが判明。
お腹の上(外)から胎児を回転させる「外回転術」という方法もあるそうなんだけど、いろいろと悪い条件が重なっているそうで、しないほうが良いだろうということになりました。
悪い条件とは、まずは羊水が少なめらしい。確かに今回は私の体重が増えず(現在+5キロ)、お腹も小さめ。ベビも小さめ(順調に体重は増加しているそうだけど)。
その二、へその緒が首に1.5周、回っている。
その三、ベビと胎盤の位置が悪く、外回転をするとベビと胎盤によくない。
などなど。

何かできることがないかと考え、逆子直しには「鍼」が効果があると聞いたので、鍼にも行ってみました。
鍼、初めてです☆
東洋医学に興味があったので、この機会に先生にいろいろ質問しました。
劇的な変化はないけれど、鍼の後は体がぽかぽかする感じ。
私が行った鍼灸院は、患者さんが多くて、しかも意外と若い人が多いことに驚きました。治療費は決して安くはないけど、「効果」を感じる人が繰り返し通っているのかなぁ。

体のどこかが悪くなってから、薬を飲んで治すというより、悪くなる前に予防するという考えがとても納得がいくし、体のメンテナンスという意味で、カイロやマッサージや、エステとかもいいと私は思います。
ただ心に余裕がないときは、なかなか自分の体に向き合えないよね。産後は心に余裕を持って、体調管理をしたいと思います。

逆子ちゃんのおかげで、鍼デビューもしたし、いい経験をさせてもらったということにします。
でも未だ逆子は直らず、、、、。

いよいよ帝王切開の可能性が高くなってきました。
何でも「自然」がいいと思っているので(麻酔も嫌)、「切る」なんてイヤ~!だけど、ベビに元気に出てきてもらうのが最優先だからねぇ。
これもいい経験と思うべきか、、、、。


******************

この日の検診で、「帝王切開の場合は、予定日より早めに手術します」と言われたので、急いで一人ランチに行きました。産後しばらくは「カフェでゆっくりランチ」なんて無理だし(笑)。

110214_1142~0001

果たして、これが産前最後のランチになるのか、、、、。

スポンサーサイト

2007.02.23 *Fri*

出産編

息子が生まれてから3ヶ月。
出産の記憶が薄れてしまう前に(もうかなり薄れてる・・・あんなに痛かったのに。)書き留めておこうと思います。

満月・新月は出産が多いと言われていますが、私の出産も満月と重なりました。それにしても月の引力ってすごいですね~。赤ちゃんまで引っぱっちゃうんだから・・・・。

出産の日の2晩前から夜になると陣痛が起こるようになりました。ガマンできる痛みなんだけど、かなり規則的。でも日中は痛みが治まってしまう。結局夜は眠れず睡眠不足が続く。

11月6日朝10時に陣痛の間隔が5-7分になったので、病院に行きました。子宮口はまだ3cmしか開いていない。病院で3時間くらい様子をみたけど、変化がないので、一旦帰宅。

帰宅後横になって仮眠したりしながら、陣痛に耐える。夕食を食べて、このときなぜか借りていたBrokeback Mountainを観る。陣痛で辛いうえに、全然おもしろくない(苦笑)。
陣痛はだんだんひどくなるので、少しでもお産が進むように、アパートの敷地を夫と散歩。この夜はすごく空気が澄んでいて、流れ星が見えました。

夜1時、陣痛が5分間隔になったので、再び病院に。このときは直接入院棟のほうへ。でもまだ子宮口は3cm開でした・・・・。もうちょっと進んでると思ったのになぁ。眠いけど痛くて眠れないし、モニターの付けかたが下手で更に辛い!夫に腰を押してもらう。

11月7日朝5時、チェックしてもらうと子宮口は5cm開に。やっとLDRに移動。ここで自然分娩か無痛分娩かを選ぶ。この時点で点滴につながれたりするのがいやだったので、このまま行くことにする(自然分娩に)。

7時ごろ担当の先生が登場。再びチェックをしてもらうと9cm開。周りで出産の準備が始まる。陣痛はとにかく痛い!夫とともに深呼吸を繰り返して、痛みを逃す。
そして子宮口全開!さぁ、いよいよいきむ段階へ・・・・なんだけど、この時点ですでに寝不足で疲れ切っていたので、「まだこれから何かするの~?」という感じでした。

自分で足を引き上げて、陣痛とともに10秒間いきむのを繰り返す。体勢が合わない(体がかたいんです・・・)のと疲れているので、なかなか集中して陣痛の波に乗れない。眠くて陣痛の間に気を失ったように寝てしまう。何度か繰り返すうちに頭が見えてきたらしい。ここで人工的に破水。先生が周りの人に「飛び散るから気をつけて!」なんて言っている。「おい、おい」と思うけど、私は痛くてつっこめない^_^;

頭が戻らなくなったら、何ともいえない感覚(痛み?)が・・・・。そして会陰切開をされました(涙)。
とにかく押し出さないと終わらない!と開き直って、いきむと頭が出て、肩が出るのがわかった。
すぐに大きな産声が!そして「It's a BOY!!」
私はもうろうとしつつ「え??BOY??」。女の子とばかり思っていたので、理解するのに時間が・・・・・。生まれてからもしばらく信じられませんでした^_^;

赤ちゃんは体を拭かれて、私の胸の上に。思ってたよりすごく小さいんだけど、ずっしり重い感触。かなりの切れ長の目で、一筆書きで書けそうなくらいすっきりした顔でした(予想通り??)。よく出てきてくれたねぇと感無量。

9:01AM、2806gの男の子誕生でした。

私の処置をしている間、彼は検査へ。
お腹の中から小さな人が出てくるなんて、実感がわかない。

産後すぐに初授乳。これがなかなか難しかったけど、少しだけどすぐに母乳が出ることに驚きました。

何とか授乳を終えるともうクタクタ。長~い夜でした。
途中何度もくじけそうになったけど、ドクターやナースが絶えず励ましてくれて、何とか無事終えることができました。特に担当のナースが本当にいい方で、全面的に信頼することができました。小さい病院で、温かい雰囲気のなかで過ごせたのも本当によかった。
陣痛の間、眠くて声も出せなかったのが、周りには「小さな体で静かに陣痛に耐えて自然分娩で出産した」と見えたらしくて、ナースステーションでは一時話題になったそうです^_^;

そして、ずっと付き添ってくれた夫に感謝です。産後疲れきっている私に代わって、息子をず~っと抱っこしててくれました。


出産が終わって***



2006.11.01 *Wed*

いよいよ臨月

出産予定日までおよそ1週間になりました。

ここ最近、いわゆる”下がった”状態になりました。目に見えて胃の部分がすっきりして、更にトイレが近くなった^_^;
臨月に入っても足もつらないし、むくみもないので、比較的ラクなんだろうと思うけど、ちょっとした動きが大変で、何でも「よっこいしょ」という感じ(笑)。
変わったことは、足の付け根が痛むのと、お腹が張るだけじゃなくて、時々痛むようになったこと。
あと、なぜか鼻血が二回ほどでました^_^;(普段はもちろんでませんよ!)出産と関係があるのでしょうか??

あと1週間くらいで親になるんだなぁなんて考えたりする今日この頃。
20代は自分が子どもを持つなんて想像できなかった。とにかく自分の思うままに好きなところに住んで、好きなことをしてきたような・・・・。そんな時代も終わるんだなぁ。

子育ては、途中でや~めたという訳にはいかないし(笑)、子ども中心の生活をちゃんとやっていけるのかどうか不安でもあります。親になる自信もまだまだないし、ましてや「いい親」って??という状態・・・・。
とにかく精一杯できることをやって、だんだん親になっていければいいなぁと思います。

そんなことを思ってしみじみしていますが、生まれたらそんなことを考える余裕はないんだろうなぁ。
残りわずかな子どもなし生活をしっかり味わっておこうと思います。


産後しばらくは家にこもることになるだろうと思って、かぎ編み始めました。初めてなので、ものすごーく単純なパターンでアフガンを編んでいます。冬の短いオースティンで、使えるうちに出来上がるかな??ブログにのせて自分にプレッシャーを与えておこう^_^;



2006.10.18 *Wed*

Baby shower -夫編-

今度は夫の同僚がベビーシャワーを開いてくれました。
普段は誰かのお宅でするのですが、今回はなぜか職場(?)ですることになったので、予想外にたくさんの人が来てくれました。皆さん、忙しい中ありがとう☆



料理はポットラックで、さらにケータリングのシェフをしている方がたくさん準備してくれたので、とってもおいしかった(涙)。

ベビーシャワー恒例の「妊婦のお腹周り長さ当てゲーム」もありました(笑)。参加者がそれぞれ予想した長さで切った紙テープと、私のお腹周りに合わせた紙テープの長さを比べるんだけど、みんなの予想は大きすぎ!そんなに大きく見える??

たくさんの人に祝福されて、本当に楽しいシャワーでした。夫は周りの人にとっても恵まれていて、ありがたいことだと思います。

ギフトはおもちゃからオムツまでいただきました。申し訳ないくらい。
私たちは性別を聞いていないので、緑色のものが多い(笑)。
使う日が楽しみです♪
gifts2.jpg

2006.10.13 *Fri*

Child birth class

昨日で全6回のChild birth class(親学級)が終わりました。
1回2時間の6回コース。長かった・・・。

ぎりぎりに申し込んだので、キャンセル待ちになってしまったけど、うまい具合にキャンセルが出たようで、何とか滑り込めました。他の機関の親学級もいくつか電話してみたら、どれも結構空きがない状態でした(少人数制をとっているようなので、早めの予約がいいようです)。

私が行ったのはNPO主催のもので、講師はドゥーラ(Doula 出産コーチ)としても働いている人でした。
クラスの内容は、一言で表すと「自然派」。できるだけ自然なかたちで出産する方法を教えてくれるような内容でした。アメリカ人は無痛分娩を選ぶ人がほとんどだと思っていたので、これにはちょっとびっくり。病院主催の親学級だったらもっと違う内容だったのかも。
でも参加者は、全くの自然派というわけでもなく、助産婦さんにお願いする人から、無痛分娩を選ぶ人までいろいろでした。

詳しい内容は、
出産までの流れ
陣痛の対処法
バースプラン(どのような出産がしたいか、医師・病院に提出する書類)
無痛分娩・促進剤・会陰切開
帝王切開
母乳のメリットと授乳の方法
・・・・・などなど

陣痛の対処法のところでは、実際に夫やパートナーと痛みがらくになるような体勢を試したり、ツボ(?)を教えてもらったりしました。全体的に夫(パートナー)が出産に参加できるように、具体的なアドバイスがたくさんありました。

講師が特に強調していたことは、「あなたたち(出産するカップル)が決める」ということ。自然分娩であれ、薬を使う出産であれ、医者にお任せではなくて、自分で考えて選択できるような情報をもらえたのはよかったと思います。
最初の回に、
「It's your special day. This is the day you will remember.」
と言われたのを覚えています。最終的にどんな出産方法になっても、納得できるものであったらいいなと思います。そろそろバースプランを完成させないと!

↑のNPOは、
Family Connectionsです。
出産・育児の講座や、図書館、おもちゃの貸し出しなどもあります。
講座は所得によって異なるものもありますが、ほとんどが無料です。


プロフィール

 meinai

Author: meinai
2006年11月に長男が誕生
アメリカ生活を経て、2008年春に帰国しました
2011年2月に次男が誕生
4人家族になりました



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Copyright © l'epicerie m All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふわふわ。り  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。